FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2015.11.04 (Wed)

WPHH JAPON in KYOTO 2015 お食事編

今回のWPHHでは、国内で活躍する4人のスターシェフによる
スペシャルメニューが企画されていました。

会期4日間のうち、

初日が、SUGALABOの須賀シェフ (フレンチ)
2日目が、アロマ・フレスカの原田シェフ (イタリアン)
3日目が、サン・パウの岡崎シェフ (スパニッシュ)
4日目が、黒木の黒木料理長 (日本料理)

という日程で、それぞれの料理を堪能できるのですが、
他の予定も鑑みて、初日の須賀シェフと、2日目の原田シェフのお料理をいただいてきました。

blog00000609_20151104110233fd4.jpg

須賀シェフは言わずと知れたアイアンシェフ。

須賀シェフとはいろんなイベントで時々お会いするんですが、
その中でも今回は特においしかったような気がします。
お若いのにすごいなぁ。
っていうか、須賀シェフも全然年を取らないようなきがする…。

しかーし!せっかくメニュー表いただいてきたのに、現在見当たらず…
料理の説明はできませんが、写真のみアップしていきます。


blog00000610_201511041102354dc.jpg

黄色いのはウニですが、そんじょそこらのウニじゃありません。
臭みが全くなくて、こういうイベントでいただけるレベルじゃないウニ。


blog00000611_20151104110236d2e.jpg

関サバ。
ただでさえ素材がいいのに、須賀シェフの手にかかってしまったので不味いわけがありません。


blog00000612_20151104110237943.jpg


blog00000613_20151104110239700.jpg


blog00000614_2015110411041651a.jpg


blog00000615_201511041104181c4.jpg

なんか今回、本当においしくいただくことが出来ました。
素材も素晴らしく、フランクミュラーの担当さんに予算を聞いてしまったくらい。
本当のことは教えてくれなかったけど…。



2日目はディナーとして、銀座にあるアロマフレスカ・原田シェフの料理をいただきました。
でもこの日はロンドンにも一緒に行った仲良しファミリーと御一緒させていただいたので、
おしゃべりが止まらず、お料理の味を堪能できなかったというのが正直なところ。

blog00000601_20151104110412f09.jpg


blog00000602_20151104110413ca3.jpg


blog00000603_20151104110415c30.jpg

なんと白トリュフまで!


blog00000604_20151104110522536.jpg


blog00000605_201511041105244e9.jpg


blog00000606_2015110411052549d.jpg


blog00000607_2015110411052833b.jpg

原田シェフはとても気さくな方で、写真も一緒に撮ってもらいましたが、
スタッフ全員で厨房で集合写真を撮っていたのも印象的でした。
きっとみなさん、仲がいいんでしょうね。

今回は日程の都合上とはいえ、2日間もおいしいご馳走をいただいてしまいました。
ありがとうございました。

サン・パウの岡崎シェフは会場でお目にかかれましたが、
また近いうちに、日本橋の店舗に伺いたいと思います。
これがまた、おいしいのよね~。

ごちそうさまでした。


スポンサーサイト



15:46  |  W.P.H.H 2015 KYOTO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.10.28 (Wed)

FRANCK MULLER WPHH JAPON in KYOTO 2015

今年もやってまいりました、フランク・ミュラー W.P.H.H

昨年に引き続き3度目となる艸堂でのエキシビションは、初の一般公開もあるということで、
さぞかし賑やかになるんだろうとワクワクしながら行ってきました!

blog00000608.jpg

会期は10月19~22日の4日間
2泊3日で満喫してまいりましたので、写真多めでお送りします。


blog00000635.jpg

今回はフランク本人もちゃんと(ちゃんと?)艸堂にいましたので、
遭遇率も高く、写真を撮れた方も多かったのではないでしょうか。
相変わらずのサービス精神で、誰とでも肩を組み写真を撮ってくれる著名人は、
多分ミッキーとフランクくらい?


blog00000616.jpg

一般公開もあったので、今年は順路が指定されていました。
順路1は、フランク・ミュラーの歴史について。
こちらは歴史とは違うのですが、代表作が展示されていました。


blog00000619.jpg

その2階部分

写真には収まりきらないくらい、これでもか!と時計が並べられていました。
時計だけでこれだけの芸術性を表現できるのは素晴らしい!


blog00000618.jpg

トゥールビヨン マスターバンカー
値段がチラッと写ってますね。
相変わらずお高い時計です。


blog00000691.jpg

エテルニタス2



blog00000621.jpg

エテルニタス3


blog00000692.jpg

エテルニタス5


blog00000584.jpg

エテルニタス メガ4
約3億円だそうですよ。
さんおくえん。


blog00000580.jpg

トゥールビヨン クレイジーアワーズ カラードリーム


blog00000581.jpg

ダブルミステリー


blog00000579.jpg

スケルトントゥールビヨン


blog00000627.jpg

マスターバンカー


blog00000620.jpg

バンガード グラヴィティ


blog00000599.jpg

バンガード トゥールビヨン


blog00000598.jpg

クストスの新作
鯉のモチーフですね。

昨年はお目にかかれませんでしたが、今年はサスーンも来日していて、
なんか全然年を取ってない!って驚いてしまいました。
いつまでも若々しくて恨めしい…いや、羨ましい。

目が合うと軽く微笑んでくれて、いかつい父上(バルタン)とはちょっと違うなぁ。


blog00000628.jpg

新作


blog00000629.jpg

これは女性用
私の腕にはとても似合わない華奢な時計


blog00000630.jpg

新作
ゴルフボールをかたどっていて、ゴルファー向けなんだそうです。
衝撃吸収素材も入っているそうです。


blog00000689.jpg

ヴァンガード レディ


blog00000690.jpg

ヴァンガード ブラック ピクセル


blog00000693.jpg

ジュエリーもありましたよ。


blog00000694.jpg

トゥールビヨン パーペチュアルカレンダー 


blog00000695.jpg

トゥールビヨン スケルトン


blog00000696.jpg

新作


blog00000697.jpg

トゥールビヨン サンダーボルト


blog00000583.jpg

そしてバックス&ストラウス
今年もCEOのバルケス氏は夫妻で来日されていて、一年ぶりにお目にかかることが出来ました。
顧客はたくさんいらっしゃるのに、私たちのことを覚えてくださってて、
相変わらず人柄の良さ、真面目さには感心してしまいます。
会期中もずっと艸堂にいらっしゃって、対応されていたのではないでしょうか。


blog00000632.jpg

ピカデリー プリンセス ロイヤルエメラルドグリーン
3億3千万

ちなみに上は4億1千万
石一つ一つに鑑定書がつくので鑑定書は分厚くて、まるで本のようですよ。


blog00000582.jpg

ビクトリア


blog00000596.jpg

日本の歌舞伎をイメージして作られた物です



blog00000600.jpg

これはベルト部分にもすべて石が入っているので高いです…。


blog00000633.jpg

文字盤
これは見てるとワクワクしてきます。


blog00000699.jpg

お次はフューチャーフォーム


blog00000698.jpg

お皿は特別にしつらえた物で、非売品だそうです。
お茶碗やお椀の裏にもビザン数字が施されていました。


blog00000700.jpg

カトラリー


blog00000701.jpg

お皿類


blog00000702.jpg

クロコの皮を使って、バックもデザインしたんだそうです。
よく見ると形がトノウ型


blog00000703.jpg

こちらは屏風で、かなり大きいです。
お値段も素敵で800万円

京表具の井上氏と、アーティストの奥平氏とのコラボ作品
ビザン数字にもそれぞれ意味があるんだそうです。


blog00000634.jpg

こちらはフランク・ミュラー ウェディング


blog00000637.jpg

他にもいろいろ見せていただきましたが、世界観を写真でお伝えするのは難しいですね。

それに知り合いのスタッフもたくさん艸堂に集まってきていたので、
ちょいちょい会うスタッフ、1年ぶりのスタッフ、数年ぶりのスタッフ
また、イベントを通して知り合ったお客様同士、数メートル歩くと出会って盛り上がり、
まるで同窓会気分を味わってきました。
こういう交流ができるブランドというのもいいですよね。
楽しかったなぁ。


01f36d94fdab6b2f8c83409f94c0b35e2b6fdd2f4-1.jpg

いただいたノベルティは、昨年と色違いで西陣織のクッション
飴色(あめいろ)と海松藍色(みるあいいろ)と言うんだそうです。

海松とは、海の浅瀬で岩に生える緑藻のことをいうそうで、
日本人の色表現って素晴らしいな、と思います。
今回はデザイナーの方もいらっしゃいました。


blog00000578.jpg



お次は食事編です。



21:50  |  W.P.H.H 2015 KYOTO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |