FC2ブログ
2020-02- / 01-<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-

2018.02.28 (Wed)

ガストロノミー ジョエル・ロブション 2018年2月

恵比寿にあるガストロノミー ジョエル・ロブション再訪です。

IMG_1190_20180224225547c8c.jpg

前回行ったのは昨年の7月で、半年以上ぶり。
この間に、ランチがなくなったり、12月には総料理長が交代したりと、
なにかと話題に事欠かないロブション。


IMG_1191.jpg

正直なところ、期待半分、不安半分で行ってまいりましたが、
全然大丈夫でした!
さすがっす。(^▽^)/


IMG_1195.jpg

オーダーしたのは、MENU B @24,000円
前菜2品、メイン1品、チーズワゴン、デザート、カフェとミニャルディーズワゴン


IMG_1199.jpg

新・総料理長の腕前や、いかに!
いざ実食!


IMG_1194.jpg

パンワゴンは、以前と内容が変わっていました。
私の好きなアンチョビのクロワッサンが無くなっていたよぉ…。(ノ△・。)


IMG_1202.jpg

サーブの仕方も変わっていました。
以前は一人ずつでしたが、今回は全員分をまとめてドーン。

自分が何を選んだか、記憶力が試されます。


IMG_1201.jpg

ロブションのスペシャリテ。
これは注文内容にかかわらず、全員に提供されます。


IMG_1203.jpg

奈良県産リーフマウンテンエッグ 中は半熟のままカリッと揚げ、キャビアをのせて


IMG_1204.jpg

オマールブルー 甘酸っぱい蕪のマリネで包み、ローズマリーとナツメグの香りで


IMG_1209.jpg

アーティーチョーク なめらかなピュレとローストにターメリックの香るヒヨコ豆のカプチーノソース


IMG_1210.jpg

ボタン海老 ムースとミキュイに仕上げ、ミョウガ、茸、大葉と共にターメリックのアンフュージョンを注いで


IMG_1211.jpg

平目 ロティし、黒トリュフと根セロリのエカイエ仕立てに


IMG_1213.jpg

フランス産ピジョン フォアグラと合わせチリメンキャベツとベーコンでバロティーヌにし
小さなラヴィオリの入ったブイヨンを添えて


IMG_1214.jpg

これが、そのブイヨン


IMG_1215.jpg

新・料理長による変更点のもう一つがこれ。

ロブション自慢のマッシュポテトを、料理に関係なく全員に提供することにしたそうです。
これめちゃめちゃクリーミーでおいしいので、超うれしい!


IMG_1216_201802281041151af.jpg

フロマージュの種類の多さも、ロブションならでは。
コースに含まれているので、料金を気にせず食べられるようになったのも良かった。


IMG_1218.jpg

山羊2種と、この時期しか食べられないモンドール。
どれも食べごろを迎えているものばかりでおいしい。

チーズに合わせるパンやドライフルーツ、はちみつもありますよ。


IMG_1222_2018022810411808a.jpg

スフレ・キャラメルとバナナ トロピカルなソルベを添えて


IMG_1226.jpg

メインのデザートとは別に、スイーツワゴンが2種来ます。

まずはケーキやアイスクリームが乗ったワゴン。
これを思う存分食べるために、食事やパンを控えめにしたと言っても過言ではない!


IMG_1231_20180228104121aa0.jpg

最後のドリンクは、ハーブティ。
プラス料金が発生するけど、クオリティがとても高くて、
他ではなかなかここまでフレッシュなハーブティは飲めないと思う!

2台目のスイーツワゴンは、写真撮り忘れ…。
ショコラとかの一口菓子が種類豊富に乗っています。
最後まで手抜きなしです。



冒頭、期待半分、不安半分で行くと書きましたが、
杞憂に終わりました。

料理は変わりなくおいしいし、むしろバージョンアップしてる!
サービススタッフも変わらず気さくだし、目配り気配りもばっちりです。
お客様の動きに対するアンテナは、
そんじょそこらのレストランではなかなかないレベルでしょう。

日本の お・も・て・な・し はすごいですね。
その最高峰を経験できてよかったです。

ごちそうさまでした!






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


スポンサーサイト



11:11  |  ガストロノミー・ジョエル・ロブション  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.15 (Sat)

ガストロノミー・ジョエル・ロブション  2017年7月

恵比寿のシャトーへ行ってきました。

blog00004643.jpg

ロブションは食べ歩きをしている私たちにとっては原点みたいな場所で、
ここで味もサービスもリセットしてから、また新たな世界へ旅立っていくような、そんな存在です。

M氏が不在になってからは初訪問なので、原点回帰できるかどうかは分かりませんが、
せっかくのロブションなので、大いに楽しんでまいりたいと思いますっ!


blog00004644.jpg

オーダーはMENU B 24,000円コースです。
まずはスペシャリテからスタート。
緑の点が一個足りないよ。探してみてね!


blog00004645.jpg

ワインはモンラッシェにハマっている相方の強い希望によるもの。
2013年と若いビンテージですが、さすがにおいしかった。


blog00004646.jpg

鰻とフォアグラ ミルフィーユ仕立てにし、リンゴと大根のサラダを添えて


blog00004647.jpg


blog00004648.jpg

ホタテ貝 紅芯大根と根菜のカルパッチョ、さわやかなレモンの香りで


blog00004649.jpg

ラングスティーヌと帆立貝 ポアレにし、グリーンアスパラガスと共に
マカロニのタンバルに詰め、ホタテのカプチーノとスパイシーなソースコラリーヌ


blog00004650.jpg

奈良県産リーフマウンテンエッグ 中は半熟のままカリッと揚げ、キャビアをのせて


blog00004651.jpg

シャトー・ダルマイヤック 2012


blog00004652.jpg

シャンボール・ミュジニー


blog00004653.jpg

仔羊 3種類の調理法で スパイシーなスムールとアリッサの効いたブイヨンを添えて


blog00004654.jpg

フランス産ピジョン フォアグラと合わせチリメンキャベツとベーコンでバロティーヌにし
小さなラヴィオリの入ったブイヨンを添えて


blog00004655.jpg

チーズはいつも通り、シェーブル三昧


blog00004656.jpg

マンゴー マンダリンとの組み合わせ、ヘーゼルナッツのアイスを添えて




パンワゴンとかデザートワゴンその①その②とかハーブティーワゴンとかたくさん写真撮り忘れですが、
原因は”しゃべり過ぎ”
あの芸術的なワゴンを撮影できなかったとはー!orz


あと食事はおいしかったですけど、やはりM氏の抜けた穴は大きいなぁ。
それはどうしても否めないなぁ。
M氏は世界一ですから仕方ないんだけどね。

でも次世代のM氏がここから生まれることを願って、おねーさんは今後も見守りたいと思います。
最初にロブションは私たちの原点だと言いましたが、いろんな意味での原点になりそうです。
次に伺った時「なーんだ気のせいだった。やっぱり大丈夫だった」と思えるといいな。



10:46  |  ガストロノミー・ジョエル・ロブション  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.04 (Sat)

ガストロノミー ジョエル・ロブション 2017/1月

恵比寿のシャトーは、約1年ぶりです。
前回は家族でディナー。
食べすぎ飲みすぎで大変なことになったので、今回は自重しつつ、ロブションの世界を満喫してきました。

blog00003503.jpg

というわけで、オーダーしたのはベジタリアンコース!お魚もお肉も無し!
「いいんですか?」と確認されましたが、今回はこれを食べに行くのが目的だったので、いーんです。

一皿目は
まずはじめに とろけるキノアをとじ込めてフライにスモーキーなピキオスのソースをのせて

というネーミングのお料理です。


blog00003504.jpg

ビーツ リンゴと合わせ、苦味のあるサラダとグリーンマスタードのソルベと共に


blog00003505.jpg

シャトーヌフ・デュ・パプ
シャトー・ド・ボーカステル・ブラン 2014


ワインは今回もお任せですが、好みを把握してくださっているのでとてもありがたい。


blog00003506.jpg

テンションの上がるパンワゴン。
白黒のミルフィーユっぽいのはイカスミだそうです。
以前も見たような記憶があったりなかったり…食べたことがあったようななかったような…。
中年の記憶力なんて、そんなもんです。

というわけでイカスミパンを頂戴しますが、パンのセレクトは毎回悩みます。
絶対に外せないのはアンチョビのパンなんだけど、他が迷うぅ~。
今回はベジタリアンコースなので、4個くらいパンをいただいてしまいましたが
マダムは本当はこんなに食べないのかしら?
でも別にマダムじゃないからいいですね。
似非(えせ)ムッシュの相方は5個も食べてましたから。


blog00003507.jpg

カリフラワー 様々な調理法で変化させ、キャビア見立てのチアシードと共に


blog00003508.jpg

北海道産インカのめざめ マリネしカルパッチョ仕立てに、トリュフの香りでエスコート

お皿がサーブされたとき、大きなクロッシュが乗っていたのでトリュフの香りを嗅ごうとスタンバってたら、
開いた瞬間、大量のトリュフとご対面!

トリュフの香りでエスコートっていうからトリュフオイル程度かと思ったのに、良い意味で期待を裏切られたわ~。
「メニュー名では料理のすべてがわからないようにしている」って仰ってたけど、やられたわ。
三ツ星を獲得するお店って、こういうセンスも伴っているんですね。


blog00003509.jpg

ピュリニーモンラッシェ1級レ ピュセル[2011]

モンラッシェをリクエストしたら、こんないいワインを開けてくださいました。


blog00003510.jpg

ここまでで4皿いただきましたが、お腹は全然余裕です。


blog00003511.jpg

アーティーチョーク なめらかなピュレとローストにターメリックの香るヒヨコ豆のカプチーノソース


blog00003512.jpg

ケール ブロッコリー、ロマネスコと共に様々に調理し、なめらかなロブション風ポテトのピュレに乗せて


blog00003513.jpg

コシヒカリ米 サフランと海草バターの風味でリゾットに
花野菜のクスクスを散らし、ピメントスとひよこ豆のジュをあしらって

これがメインディッシュですが、これを食べ終わったところで、ちょーどお腹がいっぱいになりました。
今までロブションのディナーって量が多くて大変だったんですけど、
おいしくて量もピッタリなんて、最高だわ♪


blog00003514.jpg

苺のクーリー ココナッツの軽いムースとシャンパンフルーツのソルベと共に


blog00003515.jpg

そしてお楽しみのデザートワゴンその1が来ました!
こちらはケーキとアイスクリームが載っています。


blog00003516.jpg

お腹もいい感じなので、結構いただきした。


blog00003517.jpg

こちらはデザートワゴンその2
チョコレート菓子などの小菓子が載っています。

いつか全種類食べてみたいなぁ。
そういえば、前回長男が10個くらいもらっていたような気がする…。
そしてお代わりまでしていたような気がする…。
ったく、親の顔が見てみたいわね。


〆の飲み物はもちろんハーブティ。
最後までおいしくいただきました。
ごちそうさまでした!




12:42  |  ガストロノミー・ジョエル・ロブション  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>