FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2012.11.23 (Fri)

Chez Inno  シェ・イノ京橋

来日中のフランク・ミュラー氏に会ってきました!

モナコでは大人気で(ミッキーマウス並?)なかなか近寄りがたかったのですが、
今回は時間もゆっくりあるということで、気さくに写真撮影に応じてくださり、
時計ケースや先日フランク・ミュラー大阪店でいただいたペンケースにも
サインをしていただきました。


IMG_0503_20121217163040.jpg  IMG_0502_20121217163039.jpg


子どもたちは「筆箱にサインしてもらおうかな?」なんて話してて、
「恥ずかしいからやめなさい」と止めたんですが、自分で似たような事をしてしまいました…。
でも、あの感じでは筆箱を出しても、嫌な顔一つせずにサインしてくれたかもしれません。

貴重な時計なども見せていただいた後は、シェ・イノでディナーです。

IMG_0355_20121206230434.jpg

ディナースペシャル フランク・ミュラー
と銘打ったメニューのようです。


IMG_0359.jpg

アミューズ


IMG_0360.jpg

オマール海老と季節野菜のガトー仕立て、コート・ドール風


IMG_0361.jpg

フォワ・グラのフラン仕立て ポートワイン風味


IMG_0363.jpg

今が旬のトリュフが添えてあります。
良い香り♪


IMG_0364.jpg

舌平目のプレゼ アルベールソース

これ、子どもたちが「美味しい」と絶賛してました。
子どもはお世辞を言いませんから、かなり美味しかったんでしょうね。
私のも半分くらい取られてしまいました


IMG_0365.jpg

仔羊背肉のロースト、ディジョン風


IMG_0367.jpg

フランク・ミュラー スペシャルデザート


食後シェフにお会いできましたが、第一声「美味しかっただろ?」と。
「職人気質でいいわ~」と惚れてしまいそうでした。

「普段は子どもなんて入れないんだよ、うるさくされちゃ困るからね」とも。
そりゃそうですとも。
私たちも静かに食事を楽しみたいときは、子どもたちがいないときに行くようにしていますから。

というか、そもそも小学生以下は入店禁止のお店が多いので、
今回は良い経験をさせていただきました。


帰りに、明治のカールおじさんとフランク・ミュラーがコラボしたという紙袋に
明治のお菓子がたっぷり入ったお土産をいただきました。

「これ、売れんじゃないですか? サインしてもらえば良かった~」

等と冗談を言いながらお店を後にしました。
フランク・ミュラーのスタッフの皆さん、シェ・イノの方々、ありがとうございました。



スポンサーサイト



テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

22:49  |  W.P.H.H 2012 TOKYO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.22 (Sun)

マンダリンオリエンタル東京 SIGNATURE(シグネチャー)

フランクミュラーの新作発表会に招待していただき、
相方と二人でマンダリンオリエンタルへ。

超高級時計の美しさにノックアウトされたあとは(買ってないけど)
こんな素敵ディナーまでご馳走になってしまいました。



フレンチインスパイアダイニング シグネチャー
以下HPより。

『ミシュランガイド東京・横浜・湘南2012』において5年連続ミシュラン1ツ星を取得したフレンチインスパイアダイニング「シグネチャー」。メトロポリスの見事な眺望を眼下にする37階に位置し、大手町、皇居、副都心の摩天楼、そして富士山をも借景に、シルバーで統一されたインテリアの中、ゆったりとしたソファが居心地の良いプライベート空間を紡ぎ出します。イマジネーション溢れるシェフが創り出すモダンフレンチを世界中のワイナリーから揃えられたワインとともにご堪能ください。


IMG_0535.jpg

ご堪能しましょうとも!



IMG_0537.jpg

眼下には首都高速。



IMG_0538.jpg

お皿がフランクミュラーなんですけどー!
かわゆい!!



IMG_0540.jpg

生ハムを巻いたラングスティーヌのソテーとほうれん草のフラン
にんにくのクリームで



IMG_0541.jpg

ういきょうのクリームスープ ホタルイカとイカ墨ファルファッレのフリカッセ



IMG_0542.jpg

オコゼのアラヴァプール 岩海苔のリゾットと貝のサバイヨン



IMG_0543.jpg

北海道宗谷黒牛フィレの炭火焼き コンテチーズとくるみのコンディメント
モリーユ茸のクルスティアン




IMG_0545.jpg

情熱的なパッションフルーツ



IMG_0546.jpg

プティフール




小食の私たちにはぴったりの量で味もGOOD!
しかし、料理の間隔がやたら長かった。

「お待たせしてしまって申し訳ありません」と何度も声をかけてくださったので、
まぁOKです。

別の場所にはシックで大人なバーがあり、
次回はこちらも楽しんでみたいと思います。(自腹になるけど)

ドレスコードはスマートエレガントとなってますが、
思いっきりおしゃれして、ドレスのような格好で行っても全然おかしくない感じ。

マンダリンオリエンタル東京、次回は宿泊もしてみたいです。


テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

23:00  |  W.P.H.H 2012 TOKYO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |