FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2019.02.19 (Tue)

新ブログのご案内

5DM40047

大変ご無沙汰しております。
突然ブログお休みしてしまって申し訳ありませんでした。

下記にて新しくブログ開設しています。
よろしかったらぜひお越しください。
お待ちしています。

https://www.oisiimon.com/


スポンサーサイト



15:36  |  フレンチ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.12.22 (Sat)

青山ブションアミュゼでメリクリ

「えーーっ! 俺、歩きすぎると疲れちゃうんだよなー。あんまり歩きたくないんだよなー」

すっとこどっこいな事をいう相方を連れて、
クリスマスの表参道に繰り出しました。

IMG_4678

東京都下在住なので、実際、都心に出るだけで疲れます。
特に今回は電車で行ったので、クリスマスの人込みにもあたって私も疲れてしまいました。

「甘いもんが食べたい」
50歳甘党男子が言うので、まずは糖分を与えます。


IMG_4675

あんなに大行列だったエッグスンシングス原宿店に、待ち時間ゼロで入店できました。
人気が落ち着いてきたってことなんでしょうけど、味は変わらずにおいしい。
1時間待ってでも食べたいかっていったらNOだけど、普通に食べる分には、とてもおいしい。

しかし今回書きたいのは相方の筋力不足についてではなく、
今まで何回か書いてきた、青山にあるブションアミュゼの再訪問記なんです。

過去記事にも書きましたが、ここは一番のお気に入り店です。
「おススメのお店は?」と聞かれたら食い気味で「ブションアミュゼ」と答えたい。

私と相方の美容院が近いこともあり、月に1回は通っていますが、記事にするのは久しぶりです。


IMG_4683

今回はクリスマスメニューです。

これは進藤シェフ直伝のレバーペーストが間に隠れています。

進藤シェフとは、六本木のロブション(ラトリエ)の副料理長まで務めた方で、現ラリュームのシェフ。
そして、ブションアミュゼのプロデューサー(現在は代わった)

さらにブションアミュゼの前田シェフは、進藤シェフのもと、ラトリエで腕を磨いた方。
もう、味は間違いないです。
私と相方は「プチロブション」と心の中でこっそり呼んでいます。


IMG_4684

メニュー表を持ち帰るのを忘れてしまったので、
私の戯言と写真のみお楽しみください。


IMG_4685

IMG_4686

とても大きく厚みのあるフォアグラです。

火入れも何もかも私好み。
ソースにはトリュフが入っていて、香りも良いです。


IMG_4687

IMG_4688

お肉はもちろんですが、前田シェフの野菜は、甘味が十分に引き出されて、とてもおいしい。
オープンキッチンなので調理しているところが良く見えるんですが、
ただ炒めているだけにしかみえないんですよね。

私たちには分からないプロの技があるんだろうな。


IMG_4689

これで乾杯のシャンパン付きで@10,000円です。
安いですよね~。

ランチだったら、もっとお安く食べられますよ。
本当に今一番おススメのお店です。


最後は表参道のイルミネーションです。

IMG_4691

IMG_4697





10:45  |  東京・青山ブション アミュゼ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.03.29 (Thu)

息子と彼女と白金台のジョンティ・アッシュへ

IMG_2086.jpg

白金台にあるジョンティ・アッシュ 4か月ぶりの訪問です。
息子と彼女も一緒に行きましたが、若者が白金台でランチってわけわかりません。

おおいにビビりまくるがいいさ。( ̄∇ ̄)


IMG_2088.jpg

予約は一休から。@8,000円
プラス料金が発生するお料理がありますが、+3,800円の表記を見て
「3,800円あったら二人で普通にお腹いっぱい食べられるね」と彼女。
まるでお手本のようなリアクションだわ!


IMG_2089.jpg

左は生ハムだったかな?
右はレバーペーストですが、これがなめらかでおいしいんです。

つまみながら”何を食べようかな~”って考えている時間もなかなか楽しいですが、
若者たちが自分の食べたいものとプラス料金を気にしながらチョイスしている姿が微笑ましい。


IMG_2090.jpg

ジョンティのバゲッドはとてもおいしいです。
私と相方は小さめのものをもらって、残りはすべて若者へ。


IMG_2092.jpg

いつでも腹ペコな元体育会系ですから、ペロっと平らげてました。
追加でもらったバゲッドもペロペロっと。

本来バゲッドはそうやって食べるんじゃないんだけど…うん。まぁ、おいおい教えていくか…。


IMG_2094.jpg

ワカサギのフライです。
衣の甘さと肝の苦みがよく合っておいしい。

家だったら指でつまんで食べちゃうところだけど、
これをフォークとナイフでいただくところが白金台。


IMG_2095.jpg

冷めやらぬ、相方のモンラッシェ熱。
私は運転が待っているので、香りのみ。


IMG_2097.jpg

沖縄県産 車海老を野菜のブイヨンでしっとりとポッシェ
フルーツトマトのクーリーとスナックエンドウのサラダ 空豆のムースを添えて

これおいしかった~!
茹でた海老と、カラッと揚げた海老で触感の違いがいいし、海老が甘い。
海老が大好物だという彼女がとても喜んでくれました。

息子はフォアグラを食べていたけど、
「一口ちょうだい」って言うのを忘れるくらいみんな夢中になって食べていました。


IMG_2101.jpg

シェフのスペシャリテ 島根県産 黒鮑
8時間柔らかく蒸しあげ 鹿児島県産朝採り筍のソテーと共に(+3,800円)

若者たちはビビっていたけど、ジョンティでいただく黒鮑はとてもおいしいので、コチラからおススメ。
仕入れが無いときもありますが、あったらこれは食べるべきなんです。(キリッ)
ということで、全員でいただきます。


IMG_2104.jpg

岩手県産 石黒農場 ホロホロ鶏のロースト初春の味覚を散りばめて

メインは小鳩や和牛からも選べますが、私だけホロホロ鶏(パンタード)です。
食べてから気づきましたが、肝も入っています。

あとの3名は小鳩ですが、
「私、鳩って食べたことないです」と彼女。(たぶん息子もない)

鳩って聞くと公園で「ポロッポー」って鳴いてるアレを思い出しちゃうよね。
でもおいしいからね。ランド産だし食べて損はないからね。


IMG_2106.jpg

愛媛県宇和島産 清五郎農園のブラッドオレンジ(モロ)
香り豊かに様々な形に仕立て フロマージュブランのムースと共に

お口直しとしては、とてもさっぱりしていて、
酸っぱいもの好きの私はテンションあがります。


IMG_2107.jpg

食後のドリンクもみんなでハーブティー。
4人で、あーだこーだ言いながらすべての香りを嗅ぎ選びます。

結果、それぞれ好みが違っていて面白い。


IMG_2110.jpg

ピスタチオ・苺・リュバーブ・ハイビスカスを春の庭園に見立てて

食べちゃうのがもったいないくらい美しい。


IMG_2113.jpg

彼女と食事に行くのはこれが初めてじゃないですけど、
いつもおいしそうにたくさん食べてくれるので、食べさせ甲斐があります。

鳩も食べたことだし、次はウサギでも食べさてみようかな…。( ̄m ̄* )ムフッ♪






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


09:32  |  東京・gentil H  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>