2017-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

2017.06.22 (Thu)

パレスホテル クラウン 2017年6月

約一年ぶりのCROWNです。

今回は一休.comから予約したんですが(もちろん相方が)今回は一休特別プランがあったので、そちらを利用しました。
電話やHPからお店への直接予約も良いですけど、こういった特別プランなどもあるので
ご予約の際は一休もチェックしてからの方が良いと思います。

多いサービスはワンドリンク付だけど、ディナーメニューをランチでいただけるなどサービスはお店によって多種多様。
これを利用しない手はありません。
食べログもいいけど、ぜひ、一休.comもご利用くださいね。

と言うと、まるで一休の回し者みたいですね。
でも安心してください、そのとーりです…なーんてね。☆^∇゜) ニパッ!!

blog00004515.jpg

この大きな窓から季節を感じるのが楽しみです。
緑が鮮やかで、眩しいくらいです。


blog00004505.jpg

まずは小さな一品


blog00004506.jpg

こちらは食前のアミューズ


blog00004507.jpg

こちらもアミューズ
お上品に食べようと、ふた口に分けて食べたら、相方はひと口で食べたらしい。
いつも「ひと口で食べるのはやめなさい」って私に言ってくるクセにさ。なんなのさ。


blog00004508.jpg

サーモンのコンフィ
トマトのジュレ/ロケットのソルベ/シトロンキャビア


blog00004509.jpg

アーティチョーク
ラングスティーヌのポワレ/バリグールのラヴィオリ/イベリコの生ハム


blog00004510.jpg

一皿サービスでいただきました。
鰻…だったと思うけど、王道のコンソメスープとの相性ピッタリでした。


blog00004511.jpg

フランス産真鯛
人参のデクリネゾン/エストラゴン風味の若鶏のジュ


blog00004512.jpg

国産牛フィレ肉の予定でしたが、金華豚に変更していただきました。
さっぱりでウマウマ!


blog00004513.jpg

プレデセール

ただのブラックチェリーじゃないですよ。
そんな私みたいなデザートの出し方じゃないです。
ちゃんとチェリーの中がうまいことになっていました。


blog00004514.jpg

CROWM名物 ピアノ・オ・ショコラです。
噂には聞いていたけど食べたのは初めてかな~。

崩してしまうのがもったいないですけど、ここでも豪快に食べて男っぷりを上げてきましたよ。
そしてチョコレートを満喫。
甘すぎず、食べ終わっても「しばらくチョコはいいわ~」とならないホロ苦さもあって、とてもおいしいです!

写真にはないですけど、ミニャルディーズとハーブティもいただきましたよ。



CROWNはランチでばかり行っていますが、夜は夜景がキレイなんでしょうね。(うっとり)
ということは、次はディナーか?

でも相方とムード出すの嫌だな。
やっぱりやめた。







15:09  |  東京・クラウン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.19 (Mon)

青山ブション アミュゼ(Amuser)

2016年9月にオープンした、ブション・アミュゼへ行ってきました。

”ブション”とは大衆的な居酒屋の意味だそうで、
こちらはジョンティ・アッシュの進藤シェフ監修のお店。
シェフ自身も六本木のラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションにいらした方ということでお料理は間違いなし。

客層は平日の昼間でしたが、お昼休みにランチを楽しんでらっしゃるような女性が多く、
短時間かつリーズナブルにフレンチを気軽に楽しめるお店のようです。
そんな中、我々はガッツリとコースをいただきましたけどね(どや顔)

注文したのは、ワインペアリングコース 9,720円
コース料理5品+料理に合わせた5種のワイン/カフェ

blog00004516.jpg

まずはシャンパンをいただきます。
店内をきょろきょろ見回すと、大きな黒板があり、おススメ料理がたくさん書かれていました。
ランチメニューも750円~あるようですよ。青山なのに安っ!


blog00004517.jpg

一口アミューズ
たしかレバーペーストだったと思う。
すんごく滑らかでおいしかった。


blog00004518.jpg

爽やかなフルーツトマトのムース


blog00004519.jpg

ケットマイヤー ピノ・グリージョ 2015


blog00004520.jpg

シェフおすすめの一皿
アスパラとサマートリュフです!


blog00004521.jpg

シャトー・モンテュス 2011


blog00004522.jpg

ランド産 小鳩の藁焼き 皮付きベビーコーンと共に


blog00004523.jpg

フォアグラのSTAUB御前

前述の黒板に”一番人気”と添え書きしてあった料理でしたが、ほんとーにおいしい!
このお店に行ったら、食べるべき一品だと思います。


blog00004524.jpg

盛り付けていただきました。


blog00004525.jpg

ドメーヌ・ミショー


blog00004526.jpg

メロンのスープ フロマージュブランのソルベ
ペルノー酒でマリネした果肉を添えて


blog00004527.jpg

ドメーヌ・カーズ ミュスカ・ド・リヴザルト 2013
デザートワインまでいただきました。

てか、ちょっとまって。
これで9,720円でしょ? 安いなぁ。

気軽にランチも楽しめそうだし、今後も間違いなく通うことになるであろうお店を発見しました!
うちの近所にもこういうお店がほしい…。







14:09  |  東京・青山ブション アミュゼ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.12 (Mon)

ヘイフンテラス

ザ・ペニンシュラ東京にある中華へ行ってきました。

ペニンシュラについては私のようなものが語るのは憚られるし、
実際そんなに知識もないんですけど、立地はとても良いホテルでした。
皇居と日比谷公園は目の前だし、銀座も徒歩圏内。

ホテル前玄関は少し狭くて、車で行った場合、使い勝手はどうなの?とホテルの前を通るたびに思っていたけど、
実際に使ってみるとスマートにバレーパーキングができたので、到着時からお客様満足度は高い予感。


blog00004493.jpg

その2階にある中華へ行ってきましたが、今回も一休プランを利用。
しかし行ったのはかなり前なので、お値段も料理名もあんまり覚えておらず…。

たしか一休プランで、すんごくお得になったのだけは覚えています。
ワンドリンク付きでしたし、お茶(ジャスミン・ウーロン・プーアルから一種)もいただきました。


blog00004494.jpg

写真はじゃんけんで負けた私のシャンパン。
というのも、今回は私も相方も飲酒権利を相手に譲りあい。

「私が運転するから飲んでいいよ」
「俺が運転するから、お前が飲めよ」
「いいよ、私はお茶で」
「いいから、飲めって」

と、世にもくだらない夫婦喧嘩の末、じゃんけんで負けた私がシャンパンをいただいた次第。
素直に二人でお茶にすればいいじゃん、という声が聞こえてきそうですが、そんなの貧乏人の性が許さない。
タダでシャンパン飲めるのに、飲まないって何っ?的な。

イチャイチャネタはこの辺で。
写真の付け合わせのナッツがとってもおいしかったです。


blog00004495.jpg

いきなりの北京ダックです。
この後さらに2つ続きますが、目の前で北京ダックをさばいて巻いてくれます。


blog00004497.jpg

その合間を縫って来た前菜。


blog00004499.jpg

スープ


blog00004500.jpg

海老と蟹です。


blog00004501.jpg

北京ダックの身の部分。


blog00004502.jpg

ホワイトアスパラガス


blog00004503.jpg

これ、結構お腹にどっしりきました。


blog00004504.jpg

デザートも充実。



さすがのサービスで、お料理もおいしく大満足でした。
お気に入りの一店になりそうです。







17:35  |  ヘイフンテラス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>