2018-02- / 01-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728>>03-

2018.02.24 (Sat)

小笠原伯爵邸

あー! 冬って痩せないですよねー!

運動したって食事コントロールしたって痩せやしない。
夏はちょっと気を付ければ、1キロくらいは落とせるのに、冬って何なんですかね。
代謝の問題なんでしょうか。

IMG_1124.jpg

というわけで”今年の冬はモリモリ食べるぞ!”イベントを個人的に開催中。
今回は、新宿にある小笠原伯爵邸へ行ってきました。

昭和初期に小笠原長幹伯爵の邸宅として建てられたスパニッシュ様式の館だそうで、
現在ではレストランとしてスペイン料理をいただいたり、
結婚式場やイベント会場で利用されることもあるそうです。
私も以前イベントでお邪魔して以来、数年ぶりの訪問です。


IMG_1109.jpg

予約は今回も一休.comから。

乾杯スパークリング付き
東京都選定スパニッシュ様式の歴史的建造物で味わう優雅なランチコース@8,316円

フォアグラのクレモソ 青りんごのゼリー
アマランサスのクロッカンテ アリオリ アジョワンシードのアクセント


IMG_1111.jpg

アオリイカのタリアテッレ オニオンエスカリバーダのコンソメ
スパイスのアクセント


IMG_1113.jpg

帆立貝のアロスベルデ


IMG_1117.jpg

アンコウの“アラ・ロマーナ”アピオナーボ 柑橘のアクセント


メインはイベリコ プルマの備長炭焼き 
セミドライパプリカ キャラウェイシードの香り

まさかの写真撮り忘れ!


IMG_1119.jpg

セロリとレモンのリフレスカンテ


IMG_1120.jpg

あまおう オリーブオイルのソルベ ヨーグルトのエアーケーキ


IMG_1121.jpg

平日限定って仰ってたかな?
デザートワゴンの登場です。


IMG_1122.jpg

一人4個まで選べるそうなので、マックス4個いただきました。
”モリモリ食べるイベント中”なので。

このイベント楽しいですよ。
皆様もぜひ。( ̄∇ ̄)



ネット情報によると、予約も取りづらいそうですが、この日はラッキーなことに空席もチラホラ。
食後、館内案内を勧めていただきましたが、
数年前のイベント時にジックリ見させていただいたので、今回は遠慮しました。
ありがとうございました。
ごちそうさまでした。






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


09:49  |  [スペイン] 小笠原伯爵邸  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.23 (Fri)

弥満喜(やまき) 

おいしい奥久慈しゃもを食べに、茨城県大子町まで行ってきました。(2回目の訪問)

5DM40990.jpg

所要時間は家から3時間。

常磐道もそこそこ走りますが、
那珂ICを降りてからもそこそこ走るので、プラっと行ける距離ではありません。
でもプラっと行ってしまってもいいかもしれないくらいおいしいです。


5DM41016.jpg  5DM41017.jpg

5DM41018.jpg
(メニューはクリックで大きくなります)


5DM40991.jpg

今回も奥久慈しゃもコース @5,000円でお願いしました。
食べログとか見ていると、親子丼が人気みたいですね。


5DM40994.jpg

まずはビール。
ノンアルコールですが、十分おいしいと思う!


5DM40995.jpg

前菜
右から2番目は、那珂川で捕れる川魚だそうですが(名前は失念)
カラッと揚げてあっておいしい!


5DM40999.jpg

茶碗蒸し
中には奥久慈しゃもがちゃぁんと入っています。


5DM40996.jpg

お野菜いろいろ。
中にはこんにゃくも入っていました。


5DM41000.jpg

串焼き
これがもう、おいしいのなんのって!

もも肉が特に締まりがあってうまい!
私の腿にも、この締まりがほしい。


5DM41006.jpg

こちらはお任せの一品 奥久慈しゃものコンフィ。
黒いのはトリュフですよ。


5DM41004.jpg

しゃもすき鍋が始まります。
バターの下にはニンニクが隠れているので、
バターとニンニクのコク、両方が味わえます。


5DM41007.jpg

最初はお店の方が準備してくれました。
部位は、もも肉、胸肉、ササミ、ハツ、砂肝。


5DM41003.jpg

すき鍋なので、生卵が付きますが、こちらも奥久慈しゃも。


5DM41008.jpg

5DM41010.jpg

締めはご飯かうどんから選べました。
すべてのエキスを吸い取ったお米が、おいしくないわけがない。


5DM41013.jpg

特製デザート。
前回もそうでしたが、想像以上に凝ったものが出てきます。


5DM41028.jpg

食後、車で小一時間ほど走った場所にある、竜神大吊橋へ寄ってみました。
ここは長さが本州一だそうですが、バンジージャンプができる場所でもあるらしい。

私は絶叫マシン大好きで、今まで”怖い”と思った乗り物はないんですけど、
(スカイダイビングも怖くなかった)
バンジージャンプだけは怖いんじゃないか…。
とひそかに期待をしていました。

でもバンジーって、最後に足を引っ張られるじゃないですか。
あれで体がグギッてなりそうじゃないですか。
その拍子でぎっくり腰再発とかヤじゃないですか。

なので人のジャンプを見ているだけ。

「19時には家にいなくてはならないから帰らなきゃ」とか
「16,000円は高いよね」
「どうせなら景色が良いとき飛びたいよね」

と、できない理由を挙げるだけ挙げて帰ってきました。

怖いわけじゃないのよ。
飛べるのよ。

やらないだけ。( ̄∇ ̄)










ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


09:04  |  茨城・弥満喜  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.22 (Thu)

熊本・大分旅行⑪ 料亭やまさ旅館

すっぽんをいただきに、大分県安心院(あじむ)へ行ってきました。

5DM40936.jpg

創業は大正9年のすっぽん料理専門料亭。
歴史のある名店です。

しかし以前、
同じく歴史ある某すっぽん専門店に行った際、一人2万円以上するのに、
出てきた料理は前菜、すっぽん鍋が2杯、雑炊、
さらにデザートは、みかん1個。
という残念な内容に愕然としたことがありました。

それも、デザートのみかん1個は何のひねりもなく、
普通に丸ごと1個、ドンとテーブルの上に。┐(´-`)┌

”実家かよ”的な扱いを受けて以来、
「私は二度とすっぽん店には行かない」
と誓ったのでありました。


5DM40973.jpg

それが、今回も旅行日程を完全に相方任せしていたため、私の機嫌が良い時を見計らって
「そういえば、大分ですっぽん食べに行くからね」と。

まんまと作戦負けです。


5DM40939.jpg

今回もデザートがみかん1個だったら、私はちゃぶ台をひっくり返すからね!
と鼻息荒く入店したら、あらあらまぁまぁ。ちゃんとしてるじゃないの。

「一人11,880円だからね」
「あらやだ。みかん1個のあの名店の半額じゃない!」


5DM40941.jpg

「すっぽんの生き血も出るからね」
「生き血ぃ?」


5DM40942.jpg

「あぁ…なんか私の視界にチラチラ赤いものが入ってくるけど、アレかしら?」
と思いつつも心の準備ができるまで見ません。

まずは目の前のものに目を向けましょうか。

左はエンペラ(甲羅周辺)の湯引き
右は卵です。

た…卵か。
想像よりも大きいぞ。
これも食べるには、ちょっと心の準備が…。


5DM40943.jpg

亀の可愛らしい器をあけてみたら、なんと”肝の酢和え”

「いろいろな部位が入っていますので、食感をお楽しみください」
「は…はい(・・;)」

ちゃぶ台をひっくり返す勢いで入店したはずなのに、
思った以上の本格派で怖気づきます。


5DM40944.jpg

まずは卵を食べてみます。
すっごくプチプチしてて超リアル。
「あぁ!ごめんなさい!」と思わず謝罪したくなるくらい。

でもね、甘いんです。
鶏の卵の甘さとは違う甘さ。

最初は噛むたび”ギャー!”とか思ってたけど、
慣れてしまえばパクパク食べられました。


5DM40946.jpg

エンペラは食べたことのある食感なので大丈夫です。
ん?大丈夫ってなに。


5DM40947.jpg

そしてこれがすっぽんの生き血。

「オレンジジュースで割ってあるので、飲みやすいですよ」
って、お酒のCMか? な説明がありましたが、
これが本当にぜんぜん、まったくクセがない。というか、血の味がしない。
オレンジジュースの味しかしない。

初体験だったので、全員で顔を見合わせながら神妙に飲みましたが、
「あ!全然大丈夫!」が第一声。

もう…すっぽんに失礼ね。


5DM40949.jpg

諸々クリアしたあとは、すっぽんのスープです。
はぁ…(*´Д`)優しい味。


5DM40951.jpg

すっぽんのお刺身です。

これは説明がすごく難しいんですが、
もちろん魚のお刺身とは違うし、お肉系の刺身とも違う。
味にクセがまったくないくせに、ショウガを合わせると、ほんのり甘味が生まれて
ちょっとした歯ごたえもある。

これがすっぽんのお刺身なんだなぁ。
と味を噛みしめてきました。
うん、おいしい。


5DM40956.jpg

すっぽん鍋の用意が始まりました。
お鍋の形は、すっぽんですよ。


5DM40957.jpg

うまい!これはうまい!
前日に、山田屋のてっちりを食べたばかりですが、
まったく違う食べ物です。


5DM40958.jpg

お野菜がスープの旨味を吸い取ってくれるので、極上のおいしさ。
よく見ると、人参もすっぽんの形です。


5DM40960.jpg

5DM40963.jpg

すっぽんのから揚げ。

最初の緊張感はどこへやら。
おいしくておいしくて、夢中になって食べます。

まったくもう!
2万オーバーの高いだけのすっぽん屋に行ってる場合じゃないじゃない。
すっぽん料理は、こっちじゃないの!
と怒りを相方にぶつけつつ、から揚げを貪ります。


5DM40964.jpg

肝焼きは、塩加減が絶妙でした。


5DM40966.jpg

雑炊は、一人2杯くらい食べられました。
お腹がいっぱいで1杯しか食べられなかったことを、いま激しく後悔。


5DM40969.jpg

そして問題のデザートです。

やまさ旅館さんには全く関係のない問題だけど、
「みかん1個だったら、ちゃぶ台ひっくり返すからね」を公約にして入店したので、
ここは引くわけにはいかない。

そうしたらなんと、すっぽんのアイス。

最後まですっぽん料理ですよ!
素晴らしい!ヾ(〃^∇^)ノ


5DM40971.jpg
(クリックすると拡大します)

最初の生き血に卵に肝に…は、絵面的に慣れないものがありましたが、
食べてしまえばおいしいし、これで12,000円弱なら大満足の内容です。

「東京から日帰りで来るお客様もいらっしゃるんですよ」と仰ってましたが、
それも大いにアリです。

大分空港からは車で1時間くらい。
”9時頃の飛行機に乗れば10時半に到着して…”なんて
心の中で計画を立ててしまいました。

すっぽんは夏が旬だそうで、冬の間は温泉で養殖するんだそうです。
次回は夏に来たいけど、そこまで我慢できるかな。
春頃、また行ってしまうかもしれない。

それくらい衝撃的においしいすっぽん料理でした。
みかん1個じゃなくて良かった。

ごちそうさまでした!







ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


09:20  |  大分・料亭やまさ旅館  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>